2012年06月05日

家庭菜園の概要

私は愛知県で数年前から、家庭菜園をしています。もともと田舎育ちで緑のものに親しむのは好きでしたし、体を動かすことも好みですので、家庭菜園はうってつけだといえます。
よくいわれるように、自分で作ったものは新鮮で美味しく食べられ、満足しています。

家庭菜園の場所は自宅から歩いて5分程の、丘の上にあります。面積は10坪あまりで、地主さんから貸していただいています。菜園仲間4人が同じように、楽しんでいます。

地質はもともとは丘陵で山土、やや粘土質といったところで、特に肥えているわけではありませんが、数年かけて堆肥など肥料も施しているので、まずまずの状況です。

難点としては水がないことです。そこで雨水を古い浴槽に貯める工夫をしていますが、足りないときは、家からキャリヤーで運ぶなどしています。

作るものは、春野菜としては、トマト、キュウリ、ピーマン、なす、とーもろこし、さつまいもなど。冬野菜としては、大根、白菜、人参、ブロッコリー、小松菜、キャベツ、レタス、じゃがいも、玉ねぎなど。

こんなものを作っていますが、少人数の家族ですから、多品種少量生産というタイプです。

最近の菜園の状況はつぎの写真のとおりです。0607全1.JPG
posted by 気まま菜人 at 15:25| Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: