2012年06月07日

キュウリの状況(6月7日)


わが菜園のキュウリについて書いてみます。
今年は4月16日に4本苗を購入して植付け、現在収穫期に入っています。

植える前の準備としては、1か月ほど前に、予定地を30〜40cmほど掘り起し、下のほうに落ち葉、鶏糞を入れ、中間層に堆肥類、上層に油粕、化成肥料などを入れております。

スコップなどで掘っていて、ちょっと労力を必要とします。ややオーバーとも思いますが、土質が、基本的には山土などで、植え替えのときにできるだけ掘り起しをしています。

なお、植付けのときに、マルチシートをかぶせ、生育を促進するとともに、雑草の防止を狙っています。

キュウリの苗は昨年と同じ「北進」です。4本植えて、2週間くらいで1本が枯れたので、植え替えています。

水遣りは基本的には朝夕に行っています。
また、支柱とネットを使って、つるを誘導し、現在までまずまずの状態です。

キュウリの栽培で、私が迷うことを記します。
まず、つるは自然でいいのか、摘芯したほうがよいかということです。ネットなどでみますと、特に何もしなくてよいという意見と、下のほうは、3節か5節までは摘み取るほうがよいという意見があります。

昨年も今年も茂りすぎるくらいなので、少しつるや葉を摘み取ってみましたが、本当はどうしたらよいか、迷っています。

4株だけですが、ピークには採れすぎて、もてあますくらいですので、できるだけ収穫期を長くする方法があればよいと思っています。

写真はキュウリの状況です。0606キュウリ1.JPG
【関連する記事】
posted by 気まま菜人 at 14:23| Comment(0) | キュウリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: